株式会社キノックス
むきたけの自然栽培・原木栽培法(長木)
【むきたけ】
むきたけの画像
菌糸の最適伸長温度 24〜26℃
きのこの最適発生温度 10〜15℃
きのこの発生温度は、比較的低いため、平均気温が8〜17℃となる、10月中旬から11月上旬にかけて多く発生する。
◆むきたけの詳しい情報◆

品種
発生温度
特 長
販売品目
東北MU81号(中生)
7〜15℃
大葉、厚肉、苦味なし
種駒500ヶ
※当社で取り扱っておりますその他のきのこの品種に関しては、
 こちらを御覧ください。


1、栽培可能な原木
  原木の種類としては、ブナ、ミズナラ、コナラ、シイ、カシなど、ほとんどの広葉樹は使用できる。


2、原木の伐採と玉切り
  原木の伐採は、材内養分蓄積が多くなる11〜3月までに行う。2〜3ヶ月間そのまま乾燥させ、充分に内部樹液を抜くように管理する。接種前に90〜100cm程度に玉切るが、太さが30cmを超える大径木は、作業し易いように短めに玉切りを行う。


3、接種
  接種は3月〜4月下旬までに行うようにする。ドリル、穿孔器を使用し孔をあけるが孔の数の目安としては、1mの原木で切り口直径の4倍が良い。(直径10cmであれば40ヶ)

6・5の千鳥植


4、仮伏せ
  接種が終了した原木は、3〜4段の薪積みにして、ビニールシート、コモ、ワラ等で被覆し、菌糸の活着、伸長を促すように管理する。なお、むきたけは乾燥に非常に弱いため、乾き気味の時は必ず散水を実施する。仮伏せの期間は、5月下旬ないし6月上旬までとする。 仮伏せの図


5、本伏せ
  本伏せは、排水と通風が良好で、直射日光の当たらない林内が良い。むきたけは他のきのこと比較して高い湿度を好むことから、地伏せか低いヨロイ伏せで管理する。

地伏せ
よろい伏せ


6、きのこの発生と収穫
  きのこは、種駒の接種より2夏経過した秋(10月上旬頃)から発生を開始する。きのこの収穫は、あまり大形になると水分の多いきのことなるので、直径が6〜8cm程度で収穫するように心がける。。
■ご注意! きのこ種菌の拡大培養は種苗法により禁じられております。

会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.