株式会社キノックス
家庭で楽しむまいたけ栽培
 まいたけ菌糸を培養した「榾木」を購入することにより、ご家庭の庭先やベランダで手軽に本物のまいたけを栽培することが可能です。ご家庭での栽培は自然温度条件下での栽培となることから、きのこのシーズンである秋だけの年1回発生となりますが、3〜5年間の長期に渡り発生を楽しむことが出来ます。栽培手順は、以下の通りです。

1、栽培に必要な資材

・まいたけ榾木
・野菜コンテナ(メッシュ状で水切れのするもの)
・鹿沼土、腐葉土、赤玉土(中粒)
口封じ菌床
袋口折り込み方法
※まいたけ榾木は、菌糸の特性で表面が部分的に赤褐色となっておりますが、異常ではありません。
※コンテナ、鹿沼土等の資材は、ホームセンター等でご購入ください。




2、榾木の埋め込み準備

・コンテナの底に赤玉土を2〜3cmの厚さに敷き詰めます。
赤玉土を敷き詰める

・赤玉土を入れた後、散水し、表面を平します。
散水

・まいたけの榾木をビニール袋から取り出します。
・まいたけの榾木を密着させるようにして、コンテナ内に並べます。
榾木の並べ方
※榾木は乾燥防止のため、必ずコンテナの壁面から離すように並べてください。




3、榾木の埋め込み

・赤玉土を榾木の表面付近(頂部から1〜2cm下)まで入れます。
赤玉土をさらに

・鹿沼土を榾木の上面が見えなくなる(頂部から2〜3cmの高さ)まで入れます。
鹿沼土

・この段階で、一度充分な散水を行います。
鹿沼土の上から再度散水




4、覆土処理

・腐葉土を表面に3cm程度の高さに敷き詰めます。
腐葉土を敷き詰める

・最後に、腐葉土の上から再度充分な散水を行ってください。
腐葉土上への散水
※きのこが発生する前の8月下旬頃に、腐葉土表面へ更に落ち葉を敷くことで、泥跳ねによるきのこの汚れが防止できます。




5、発生管理
・まいたけの原基(きのこの芽)が形成される8月下旬頃になったら、直射日光を避け、毎夕に充分な散水を行ってください。
・きのこの発生を確認後は、きのこへの直接の散水は控えてください。
・傘が充分に大きく生長し、傘裏に管孔(胞子飛散のための小さな穴)が形成される頃になったら収穫してください。
まいたけ発生画像



■栽培のポイント
・埋め込み栽培と異なり、コンテナで栽培する場合には、乾燥を防止するための散水管理が特に重要となります。表面の腐葉土が乾いたら、適宜散水を行ってください。
・8月下旬以降は、きのこの発生に備えて埋め込みコンテナへの直射日光を避けるように管理して下さい(寒冷紗等による日除けの実施)。
・きのこの収穫後のコンテナは、従来の散水管理に戻し、榾木が乾かないように管理を
継続することで、3〜5年間の発生が可能です。
※ コンテナを使用せずに庭先等への埋め込みで栽培を行う場合には、「きのこの栽培法」の項目の「まいたけ自然栽培・原木栽培法(短木)」のページを参考にしてください。

[まいたけ家庭向けきのこ栽培セットの注文]
■ご注意! きのこ種菌の拡大培養は種苗法により禁じられております。

会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.