きのこ料理のレシピ・ぶなしめじ
ぶなしめじのヘルシーメモ

 「ぶなしめじ」は広葉樹、特にブナの倒木によく発生し、傘の表面に色の濃い大理石状の斑紋が特徴で、味は淡白で癖がないことから、どんな料理にも合う万能型のきのことして人気が高く、消費量は「しいたけ」、「えのきたけ」に次いで多い人気のきのこです。人工栽培が始まった頃は、味がホンシメジに似て大変美味しいことから、商品名は「ほんしめじ」で販売された時期もありましたが、分類学的にはホンシメジとはまったく異なる種類のきのこであるため、現在では「ぶなしめじ」の名称で販売されるようになっております。最近の研究では、下記に示すような様々な機能性のあることが解明されてきており、薬効面でも注目されるようになっております。
(ぶなしめじの主な効用)
1)抗酸化作用
 ぶなしめじ子実体の熱水抽出物の粉末を5〜10%含む飼料でマウスを飼育した結果、マウスの血しょう中の抗酸化活性が増大することが判明しています。また、ぶなしめじを直接摂取したマウスで血しょう中の過酸化脂質量(LDL)の低下傾向が認められ、ぶなしめじを食べることで体の中の抗酸化作用が誘導される可能性が示唆されています。
2)抗アレルギー作用
 子実体のエタノール抽出物をマウスに1日、体重1kg当たり250mg経口投与し、3日後に免疫反応性を調べた結果、対照区に対して有意な抗アレルギー効果が示されています。また、マウスに対する皮膚を通したエタノール抽出物の投与でも抗アレルギー効果が示されています。これらの結果より、ぶなしめじ子実体のエタノール抽出物には過敏な免疫反応を抑え、結果的にアレルギー反応によって引き起こされる炎症を抑えることが期待されています。
3)抗菌・抗ウイルス作用
 ぶなしめじ子実体より分離されたリボゾームを酵素的に不活性化するタンパク質のHypsinは、フザリウムやボトリチスなどのカビの菌糸生育を阻害し、また、HIVウイルスの逆転写酵素活性を阻害することが判明しています。さらには、マウスの白血病細胞、ヒトの白血病細胞と肝腫瘍細胞に対する抗増殖活性も認められていることから、Hypsinはカビやウイルスの生育を抑えると共に、ガン細胞の増殖も阻害すると考えられています。
4)抗腫瘍作用
 ぶなしめじ子実体の熱水抽出物の投与により、マウスに移植されたガン細胞サルコーマ180やLewis肺ガンに対する強い抑制作用が認められています。また、子実体の粉末などを経口投与されたマウスにおいても、同様に抗腫瘍活性のあることが判明しています。



会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.