きのこの雑学・まいたけの雑学
  まいたけの栽培相談


Q5:収穫適期の目安を教えてください

「まいたけ」はサルノコシカケ科マイタケ属のきのこで、「しいたけ」や「なめこ」などのきのこのように菌傘の裏に膜(被膜)やヒダを有していないことから、収穫適期を見極めることが難しいきのこです。傘裏にヒダを形成しない代わりに、「管孔」と呼ばれる細かい小さな孔を多数形成する特徴があります。最終的にはこの管孔から胞子を飛散させるようになるのですが、胞子を飛散させるようになると食感が悪くなって味が落ちてしまうことから、収穫は胞子が飛散する前の状態が適しています。具体的には、菌傘の柄の上部から管孔が形成されるようになることから、この部分に針の孔状の管孔が形成されるようになった時点を目安に収穫するようにしてください。美味しい「まいたけ」を収穫するためには、収穫のタイミングが大変重要です。また、胞子が形成される時期を過ぎるようになると、菌傘表面の色もだんだんに淡くなる傾向がありますので、傘色の濃い時期に収穫するように心がけてください。



 


会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.