きのこの雑学・はたけしめじの雑学
  はたけしめじの栽培相談


Q5:芽出しの段階で「赤水」が出るのはなぜですか?

「はたけしめじ」の場合、芽出し管理において「発芽水」を生じるのが一般的な症状です。通常の場合、発芽水は透明ですが、過熟培養や害菌が混入している場合などには赤く着色するようになります。「赤水」が発生した場合には、良好な発生は期待できませんので、原因をしっかりと調査する必要があります。
過熟培養の場合には、適正日数で発生操作を行うように心掛けます。培養適正日数の判断は、菌糸蔓延が完了後、10日間程度の熟成管理を行いますが、この間に菌床側面に形成された菌糸被膜部が部分的に「肌色」様に着色するようになる頃を目安とします。
また、害菌が混入している場合には、侵入原因を解明し、対策を講じる必要があります。最も一般的な原因は、培養初期における害菌混入です。「はたけしめじ」は他のきのこに比べて初期の発菌・活着が遅いことから、接種後の10日間は荒風等で害菌が混入しないよう、ビニルシートなどで全体を囲い込んで風対策を講じるようにしてください。



 


会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.