きのこの雑学・ブナシメジの雑学
  なめこの栽培相談


Q3:傘が小開きしてしまうのは何が原因ですか?

 一般的に傘が小開きしてしまうのは、芽数が多いことが原因と言われています。芽数を左右するものとしては、培養が長くなり過ぎた場合(過熟培養)や芽出し段階における加湿過多が上げられます。それゆえ、対策としては過熟培養とならないように培養の適期で発生操作を行うことが大切です。また1)で述べたようなマンジュウ掻きの深さと処理時間によっても芽数が多くなる傾向にありますので、菌掻き作業は丁寧に行う必要があります。さらには、ブナシメジの場合、他のきのこと異なり換気過多によって酸素を過剰に供給した場合においても、小開きしてしまう傾向が認められることから、生育室の炭酸ガス濃度は2,000~3,000ppmとやや高めに設定する必要があります。
なお、ブナシメジに限ったことではありませんが、一般的に培地調整時における栄養源の配合割合や水分不足となった場合にも小開きの症状が見られるようになりますので、出来るだけ適正範囲内に培地組成を調整することが肝要です。



 


会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.