きのこの雑学・しいたけの雑学
  なめこの栽培相談


Q4:榾木を初めて浸水発生させる時期を見極める方法について教えて下さい

浸水の適期を見極める方法は、「試験浸水」を行うことです。大量の榾木を浸水する前に、榾木を10本程度無作為に抽出して浸水します。芽切りの状態を確認して良好であれば、直ちに本浸水を実施して下さい。一度形成された原基には生存のサイクルがありますので、特に外気温の高い時期などは本浸水のタイミングが重要となります。試験浸水後に期間をおいてしまいますと原基が死滅してしまって本浸水で発生しない場合もありますので、芽切り確認後は早めに浸水するように心がけて下さい。発生不良の場合には、散水と保温(冬期間)を20日間程度を目安に行い、原基形成のための休養管理を実施した後に試験浸水で発生を確認してから使用して下さい。





 


会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.