きのこの雑学・しいたけの雑学
  なめこの栽培相談


Q1:しいたけを自宅の軒下で育てたいのですが、管理方法を教えて下さい。

原木栽培のポイントは、種駒を植菌してからの「仮伏せ管理」です。植菌後、直ちに本伏せしたのでは種駒が乾燥してしまい、上手く菌糸が活着しません。 きのこはカビの仲間ですので、湿度を好みますが、特に植菌後は原木に確実に菌糸を活着させるために、温度と湿度管理が重要となります。それゆえ、植菌後の仮伏せ管理は、必ず行うようにしてください。
仮伏せ以降の管理のポイントは、以下の通りです。
(本伏せ管理)
・1年目は温度優先で榾場の場所を選び、直射日光を当てないように日陰を作って、散水管理を行う。2年目以降に初めて山などへ移動し、通常管理を実施する(植菌初年度は自宅近くの空地等で管理する)。
・原木の水分を抜きながら菌糸を伸長させることが重要(完熟榾作りのポイント)。散水と乾燥の繰り返しにより、原木の新陳代謝(水抜け)を促進させるように管理する。
(発生管理)
・発生1ヶ月程度前の原基形成(芽作り)管理が重要。きのこが発生するようになってからの散水ではなく、芽作りが始まる1ヶ月前からの散水管理が特に重要となる。
・春の発生に関しては、前年秋の散水管理が重要で、9月の時期に1ヶ月程度を目安に、3日に1回程度の間隔で必ず夕方に榾木全体が十分濡れるよう散水を実施する。





 


会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.