きのこの雑学・なめこの雑学
  あらげきくらげの調理について


Q8:ダニの発生原因と対策について教えてください

培養中のビンに害菌発生が多く、培養室の床に粉状のゴミが溜まる症状が見られる場合には、ダニの影響が考えられます。
床を掃除しても翌日に同様のゴミが生じているようであれば、間違いなくダニが原因です。床のゴミをセロテープで拾い、顕微鏡やルーペ(10倍)で確認してみてください。
きのこ栽培で一般的なのは「コナダニ属」の湿性タイプのダニです。
一部例外的には冬期間の乾燥時に発生する乾性タイプの「ホコリダニ属」のダニもいます。
対策は、何れも培養初期の侵入が原因ですので、接種後10日間を目安にビニルシート等で被覆を行い、ダニの侵入を防止するようにしてください。
なお、被害が重症な場合には、バクテリア等の他の要因が主因で、ダニは2次的に感染していることが考えられますので、その場合には、殺ダニ剤を散布してもあまり効果が期待できないため、主原因である殺菌不良の改善から根本的に見直しを行って対策を講じる必要があります。



 


会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.